禁酒方法@成功ガイドTOP > 期間等 > 平日禁酒か、休日禁酒か

平日について

スポンサードリンク


少しお酒の量を控えたいと思っているけど、
なかなか節酒や禁酒がうまくいかないという人が、多いと聞きます。

 

 

人間は欲望があり、ストレスや誘惑に弱いですからね。

 

 

ひどく体調を崩して厳しいドクターストップがかかったとか、
お酒が原因で、自分でうんざりするほどの大失態を犯したとか、
特に理由がなければ、
ちょっとやそっとの決意では、節酒も禁酒も難しいものです。

 

 

 

それでも本気でお酒の量を減らしたい時、
平日禁酒と呼ばれる方法があります。

 

その方法は言葉通りで、
平日は禁酒して、休日は飲めることを楽しみにして過ごすという方法です。

 

 

 

仕事も快調にこなせそうですし、うん、それは良い方法だ!と、
さっそく実践しようとする方がおられるかもしれません。

 

 

 

でも、はっきり言ってお勧めしません。

 

なぜって、平日は基本的に、連続して5日もあるからです。
今まで頻繁にお酒を飲んでいた人が、いきなり連続で5日間も禁酒なんて、
無理があります。ストレスが溜まって、かえって飲みたくなるでしょう。

 

 

 

 

それならば、逆の発想。休日禁酒はいかがでしょうか。

 

 

休日は内臓を含めて身体の疲れや凝りを取り、
健康的な生活をするという発想です。

 

これなら、平日に仕事で抱えたストレスを、
飲酒で発散することもできます。

 

 

 

ただ、やはりそれぞれ自分に合う方法、合わない方法がありますので、
一度お試しされてみてください。

 

 

 


誰にでも実践可能なお酒を減らすコツとは?>> 詳しくはこちら







スポンサードリンク






期間等記事一覧

平日禁酒か、休日禁酒か

少しお酒の量を控えたいと思っているけど、なかなか節酒や禁酒がうまくいかないという人が、多いと聞きます。人間は欲望があり、ストレスや誘惑に弱いですからね。...

長期の飲酒の危険性-脂肪肝-

脂肪肝は、自覚症状がないままに進行していきます。特に、毎晩のように日本酒を3合以上飲むような生活を、長い期間に渡って続けているような人は、既に脂肪肝になっている...

ノンアルコール飲料で禁酒生活

お酒が好きで、夜は毎日何かしら飲んでから寝るなんていう生活をしていると、禁酒という言葉を聞くだけでも、なんだかとてつもなく自分には難しいこと、という印象を受けるかもしれませ...