禁酒方法@成功ガイドTOP > 禁酒をすると… > 効果-禁酒してみませんか?-

効果について

スポンサードリンク


 

酒は百薬の長と昔から言います。

 

適度なリラックス効果を楽しみ、
いい気分になってそのまま眠りにつくのは、確かになかなか良いものです。

 

 

 

でも時にお酒の力は絶大で、いつしか飲酒量が増えてしまい、
とんでもない方向に人生の舵を向けてしまう人も少なくありません。

 

アルコール依存症もしかり、 内臓疾患もしかり、
稀にちょっとした出来心による犯罪もしかり。

 

 

そんな大それた話でなくても、中年特有と言ってもいい、
お腹の突き出た不格好なスタイルもしかり。

 

 

そうそう、それをなんとかしたいのよ!という方は多いのではないでしょうか。

 

 

 

毎年の健康診断の度にため息をつくのは、もうゴメンだという方は、
ぜひ、禁酒してみませんか?

 

 

お酒はカロリーが高いのです。
缶ビールを2杯も飲めば、ご飯2杯分のカロリーです。

 

食事のお供に毎晩ビールなんていう生活をしていたら、
あっという間に身体は大きくなりますね。

 

 

逆に言えば、お酒を控えることで、
ダイエット効果が期待できることは一目瞭然です。

 

 

 

アルコールを分解する為に肝臓機能がフル回転すると、
内臓全体に負担がかかって働きが低下し、
基礎代謝が落ちてしまうという悪循環に陥ることもあります。

 

 

あなたにも休みがあるように、内臓にも休みを作ってあげること(休肝日)は、
健康な身体作りに一定の効果があるとお分かりいただけると思います。

 

 

 

 

なにも、一生禁酒する必要はありません。

 

 

いきなりそんな大きな目標を立てても長続きしません。

 

次回の健康診断までとか、自分や家族の誕生日までとか
何か楽しみにしているものの発売日までとか

 

 

自分の中で期限を設けて、年に数回でも禁酒期間を
設けてみるのはいかがでしょうか。

 

 

 


誰にでも実践可能なお酒を減らすコツとは?>> 詳しくはこちら







スポンサードリンク






禁酒をすると…記事一覧

禁酒の効果

酒は百薬の長と昔から言います。適度なリラックス効果を楽しみ、いい気分になってそのまま眠りにつくのは、確かになかなか良いものです。でも時にお酒の力は絶大で...

禁酒のメリット-肝臓を労わりましょう-

「肝臓は沈黙の臓器」という言葉があるそうです。これは、肝硬変や肝炎などの重い病気にかかっていても、なかなか自覚症状が現れず、気づいた時には大変なことになっている、と...