禁酒方法@成功ガイドTOP > お酒をやめる方法 > 禁酒のコツ

コツについて

スポンサードリンク


 

「 最近どうも、アルコールの量が増えたな 」
「 まだ昼間なのに、飲みたいんだよな 」
「 昨日たくさん飲んだけど、今日もむしょうに飲みたくて・・・。 」

 

 

こんな思いが頭をよぎって、つい仕事の手が緩むとしたら、
あなたはお酒に飲まれてしまっているかもしれません。

 

 

そのまま今のような飲酒習慣を続けたら、間違いなく、
アルコール依存症になってしまいますよ。

 

いえ、それだけではありません。身体はいつまでも若くはない!
適量なら百薬の長と言われるお酒も、過ぎればあまりに強い毒。
肝臓を働かせ過ぎて、病気になってしまうかもしれません。

 

 

今日から是非、禁酒しましょう。

 

 

といっても、一度ついてしまった飲酒習慣は、そう簡単にはやめられません。

 

 

成功させるコツは、
禁酒を始めたと大真面目な顔で、周囲に知らせることです。

 

 

 

そして飲み会に誘われても、禁酒宣言を理由に、行かない方がよいでしょう。
ちょっとだけだから・・・という考えでは、
禁酒など、とうてい無理な話です。

 

 

 

もうひとつ、お役に立ちそうな禁酒のコツを。
それは余分なお金を持ち歩かないことです。

 

もちろん銀行のキャッシュカードやクレジットカードも、
家に置いて出かけましょう

 

 

コツといっても地味なものですが、禁酒生活は最初が肝心。
これで初めの一週間を乗り切れるかどうかが、成功の鍵だと思います。

 

 


誰にでも実践可能なお酒を減らすコツとは?>> 詳しくはこちら







スポンサードリンク






お酒をやめる方法記事一覧

禁酒法という面白い法律

あなたは、禁酒法という言葉を聞いたことがありますか?1900年代に本当にアメリカにあった法律です。ただ、日本で一般的に禁酒法と訳されたこの法律は、お酒を飲むこと...

コツ

「 最近どうも、アルコールの量が増えたな 」「 まだ昼間なのに、飲みたいんだよな 」「 昨日たくさん飲んだけど、今日もむしょうに飲みたくて・・・。 」こんな思い...

セラピーのススメ

人間は、他人から頭ごなしに否定されると、反発したり拒否したりするものです。たとえそれが、自分でもその通りだと頭ではわかることでも、他人からの言われ方一つで、...

禁酒外来

今、この記事を読もうとしてくれているあなたは、お酒の量がコントロールできずに悩んでいるのではないですか?それとも、もしかしたらあなたではなく、お酒に溺れてしまっ...

病院

時々、とかく大酒飲みであることを、自慢げに話す人がいます。でも大酒飲みなんて、良いことはほとんどありません。だいたい30代も後半になる頃、なんとなく身体が以前より重...